人材確保の手間がかからない

電話代行サービスとは?

電話代行は秘書代行とも呼ばれるもので、昭和40年代ごろから広がったかなり歴史のあるサービスです。特定の番号の電話を社外の専門のオペレーターに受けてもらうもので、かかってきた電話には、その会社名を名乗り社員として応答するので、かけてきた相手に代行会社のスタッフだとわかることはありません。常に電話番がいることになるので、会社が留守になる時間に顧客からの大切な電話を取り損ねるというような事態を防ぐことができます。オペレーターは、話しを聞き伝言を受けるだけでなく、すぐに折返しが必要な電話の時は、速やかにその旨を連絡してくれることになっています。そのため、特に小さな会社などにとっては、大変便利なシステムといえます。

電話番のためだけの費用の節約につながる

電話代行の費用はいろいろですが、人を一人雇うことを考えれば、かなり安い費用で利用することができます。つまり電話代行を利用すれば、電話応対のためだけに人を雇わなければならないということがなくなるので、求人のための費用や雇った人の給料がかからないということです。また、仮に雇ったとしても、最近は家に固定電話のない環境で育ったという人が少なくなく、電話の応対の知識やスキルが乏しいケースがよくあります。そのような場合には、研修や教育に時間を割かなければならないことになってしまいます。電話代行会社では、多くの場合研修を受けてきちんとした対応ができる人が配置されているので、給料以外に教育研修費も節約できるということになります。